6月21日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,863円/g

昨日(6/20)、ニューヨーク貴金属市場の金は下落。ニューヨーク原油先物相場の下落や引き続き外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は下落。新規材料のないなか、前日のアメリカ、ニューヨーク連銀のダドリー総裁によるタカ派的発言を受け外為市場で対ユーロでのドル高基調が本日も継続し金は軟調に推移。市場関係者の間では「米国の利上げに対する警戒感による売りと英国の欧州連合(EU)離脱交渉やトランプ米大統領の財政改革実行能力に対する懸念による買いの下支えで」しばらくの間はボックス内の値動きになると見る向きが多い。一方、白金は下落。金の値動きに連動し小幅下落して引けた。

2017年6月21日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向