7月4日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,866円/g

昨日(7月3日)、ニューヨーク貴金属市場の金は下落。欧米の株価上昇やドル高、ユーロ安を受け金は下落。欧米の株式市場の上昇を眺めて、投資家がリスク選好姿勢を強めたことからファンド筋の売り物が膨らんだ。本日発表された6月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が前月比で上昇し、市場予想を上回り外為市場でドルが対ユーロで一段高となったことや、米長期金利の上昇も金相場を圧迫した。一方、白金は下落。金の下落に連動し売られた。米株価大幅上昇には反応を示さなかった。

2017年7月4日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向