7月13日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,848円/g

昨日(7月12日)、ニューヨーク貴金属市場の金は上昇。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を受け金は上昇。この日、イエレン議長は「今後数カ月は物価動向を注視する」とともに「今年数年、緩やかな利上げが適切」と表明。これが早期の追加利上げに慎重な「ハト派的」な内容と受け止められ、金は買われた。ただ、その後、外為市場でドル高、ユーロ安が進行すると金は売られ上げ幅を縮小して引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動した他、米株価上昇に好感した買いで大幅上昇して引けた。

2017年7月13日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向