7月24日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,883円/g

週末(7月21日)、ニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は買われた。前日のドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁発言を背景に、本日もドル安、ユーロ高が継続。加えてスパイサー米大統領報道官が辞任したことが伝わり、トランプ大統領の政策運営能力に一段と懐疑的な見方が広がったことから、比較的安全な資産とされる金を買う動きが強まり、一時は6月26日以来約1カ月ぶりの高値を付けるなど6営業日続伸して引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われた。ただ、米株価下落を受けた売りも見受けられ、上げ幅は限定的となった。

2017年7月24日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向