7月25日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,887円/g

昨日(7月24日)、ニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け小幅下落。朝方は堅調。トランプ政権の政策運営に対する不透明感や、米国の長期金利の低下を手掛かりに買われ、約1カ月ぶりの高値圏に浮上した。しかしその後は、7月の米製造業PMI(購買担当者景況指数)速報値が良好な内容となり、外為市場でユーロが対ドルで強含みとなったほか、米長期金利が上昇に転じたことで上げ幅を縮小し、先週末比ほぼ変わらずの小幅安で引けた。一方、白金は下落。金の軟調に連動した他、米株価下落を受けた売りに押された。

2017年7月25日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向