7月26日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,894円/g

昨日(7月25日)、ニューヨーク貴金属市場の金は下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちムードが強まるなか、小幅下落。本日発表された7月の米消費者信頼感指数が市場予想を上回る良好な内容となったことに加え、米株価大幅高を眺めて投資家がリスク選考姿勢を強めたため、金は軟調に推移した。ただ、26日の米公開市場委員会「FOMC」の声明発表を控え、様子見ムードが漂い下げ幅は限定的となった。一方、白金は下落。朝方は金の下落に連動し軟調に推移。ただ、終盤にかけ米株価上昇に好感した買いも見受けられ前日比ほぼ変わらずの小幅安で引けた。

2017年7月26日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向