8月1日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,903円/g

昨日(7月31日)、ニューヨーク貴金属市場の金は下落。米株価上昇を受け利益確定の売りに下落。朝方は堅調に推移。北朝鮮のミサイル実験を受け、米国が同国への牽制を強めるなど地政学的リスクが高まっており、安全な資産とされる金が買われた。ただ、買い一巡後は利食い売りに押されたほか、米株価が連日の史上最高値更新したことで金は利益確定の売りに押され、終盤、小幅安で引けた。一方、白金は上昇。米株価上昇を好感した買いで上昇。しかし、終盤にかけ金が軟調に推移すると、白金も売られ、上げ幅を縮小して引けた。

2017年8月1日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向