8月2日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,908円/g

昨日(8月1日)、ニューヨーク貴金属市場の金は上昇。低調な米経済指標の発表を受け金は上昇。本日発表された7月の供給管理協会(ISM)が発表した7月の米製造業景況指数は56.3と前月の57.8から低下。加えて建設支出などの主要な米経済指標が総じて低調となり、これを受けて米追加利上げのペースが鈍化するとの見方が強まり金は買われた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動した他、米株価5営業日連続上昇に好感し買われた。

2017年8月2日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向