8月8日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,887円/g

昨日(8月7日)、週明けNY貴金属市場の金は小幅安。先週末に発表された7月の米雇用統計が全般的に良好な内容となったことで、米連邦準備制度理事会(FRB)が「年内あと1回」の利上げ判断を後押しするとの見方が広がり金は軟調に推移。その後、売られすぎによる買戻しも見受けられ、終盤にかけ売り買いが交錯するなか前週末比ほぼ変わらずの小幅高で引けた。一方、白金は上昇。新規材料のないなか、連日の米株価上昇を受けた買いに小幅上昇して引けた

2017年8月8日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向