8月10日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,921円/g

昨日(8月9日)、NY貴金属市場の金は上昇。北朝鮮をめぐる国際情勢緊迫から金は上昇。トランプ米大統領が8日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、米国を脅すなら「火力と怒り」に直面すると警告。これに対し北朝鮮は、米領グアム島周辺へのミサイル攻撃を検討していると表明したことで地政学的リスクの高まりに警戒感が強まったことに加え、世界的に株価が全面安となったことで、投資家のリスク回避姿勢が広がり、比較的安全な資産とされる金を買う動きが強まった。金は約6月8日以来約2カ月ぶりの高値を付けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われた。ただ、米株価下落を受けた売りに押され、上げ幅は限定的となった。

2017年8月10日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向