9月6日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,094円/g

昨日のiニューヨーク貴金属市場の金は上昇。朝鮮半島の緊迫化を背景に金は上昇。3日に北朝鮮が6回目の核実験を実施したことで投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産としての金は買われた。「前週末の米雇用統計が弱い内容となったことに加え、米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が「物価が上向いていると確信を持てるまで利上げに慎重な発言したことで、追加利上げ観測が後退。加えて米株価が大幅下落したことで金は買われ、昨年9月以来、約1年ぶりの高値圏に浮上した。一方、白金は変わらず。朝方は金の上昇に連動し買われた。しかし、米株価大幅下落を受けた売りに押され終盤にかけ上げ幅を縮小し前週比変わらずで引けた

2017年9月6日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向