9月14日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,107円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は軟調に推移。北朝鮮情勢や米国でのハリケーン「イルマ」への過度な懸念が後退する中、投資家のリスク選好が後退。米長期金利の上昇などを背景に対ユーロでドルが上昇。これらを受け金は下落した。ただ、北朝鮮問題は解決したわけでもなく、懐疑的な見方は根強く下げ幅は限定的となった。一方、白金は下落。金の下落に連動した他、利益確定の売りに押され4営業日続落して引けた。

2017年9月14日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向