9月27日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,081円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。米年内利上げ観測浮上から金は下落。前日の北朝鮮情勢の緊迫化を背景とした買い物は一巡し、その後、イエレンFRB議長が講演で「段階的な利上げの継続が必要」との認識を示したことに加え、アトランタ地区連銀のボスティック総裁が「12月利上げの可能性に適切」との考えを明らかにしたため、ファンド筋の売りに押された。ただ、北朝鮮リスクが依然くすぶっているために下げ幅は限定的となった。一方、白金は下落。金の下落に連動し売られた他、米株価軟調を受けた売りに下落して引けた。

2017年9月27日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向