9月28日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,076円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は下落。前日にイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が追加利上げに前向きな姿勢を示したことで引き続き売りが継続。本日発表された8月の米耐久財受注が市場予想を上回ったことも圧迫要因となった。これを受け外為市場でドル高、ユーロ安が進行し、金は、8月25日以来約1カ月ぶりの安値となる一時1トロイオンス=1285.30ドルまで下落した。一方、白金は下落。金の下落に連動し売られた。ただ、米株価が5日ぶりに上昇したことで下げ幅は限定的となった。

2017年9月28日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向