10月3日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,027円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。米株価上昇や、外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は軟調に推移。トランプ米政権による大幅減税への期待などを背景としたリスク選好の流れが続き、安全資産とされる金は売られた。9月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数の強い数字を受け、米株価が史上最高値を更新する大幅高となったことから投資家がリスク選考を強め金は軟調に推移した。一方、白金は上昇。朝方は金の下落に連動し軟調に推移。終盤にかけ米株価上昇を受た買戻しに小幅上昇して引けた。

2017年10月3日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向