10月23日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,094円/g

週末のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場のドル高、ユーロ安を受け金は下落。米上院で2018年度予算決議案が可決。これにより共和党が民主党の支持なしに減税案を推進することがより容易になり、こうした背景からトランプ政権の税制改革実現への期待感の高まりから外為市場でドルが対ユーロで上昇したため、金は売られた。また、予算案可決を受けて米株価が市場最高値を更新したことも金の売りに繋がった。一方、白金は小幅高。世界的な株高や米株価が連日市場最高値を更新しているが、 欧州でのディーゼル自動車の販売シェア低下や中国での電気自動車(EV)シフトなどを背景とした需要減少見通しが相場にとっては悪材料となり上げ幅は限定的となった。

2017年10月23日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向