10月27日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,063円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。米株価上昇や外為市場のドル高、ユーロ安を受け金は軟調に推移。欧州中央銀行(ECB)の定例理事会で量的金融緩和の規模縮小を決定。資産買い入れプログラムを月額600億ユーロから300億ユーロに縮小するとした。ただ、縮小額は大方の予想通りだったほか、ドラギ総裁が理事会後の会見で「これはテーパリング段階的縮小ではない。単なる小規模化だ」と発言したためか市場には失望感が漂い、外為市場でドル高、ユーロ安が進行。これを受け金は軟調に推移した。一方、白金は下落。新規材料のないなか、金の下落に連動し売られた。ただ、売られ過ぎ感もあり下げ幅は限定的となった。

2017年10月27日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向