10月31日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,060円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は上昇。新規材料のないなか、米連邦市場委員会(FOMC)、日銀やイングランド銀行の金融政策決定会合を控え、さらに週内には米連邦準備制度理事か(FRB)の次期議長人事公表を控え様子見ムードが広がるなか、外為市場でのドル安、ユーロ高を受け小幅上昇して引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われた他、安値拾いの買いで小幅上昇。ただ、商いは薄く低調。

2017年10月31日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向