11月6日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,077円/g

週末のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場のドル高、ユーロ安を受け金は下落。朝方は上昇。本日発表された10月の米雇用統計で、非農業部門就業者数と平均時給が市場予想を下回る低調な内容となったことから金は買われた。しかし、その後発表されたの10月の米ISM(供給管理協会)非製造業景況指数や米製造業受注が市場予想を上回る好調な内容となったことから、外為市場でドルが対ユーロで上昇。加えて米原油先物相場が年初来高値を更新、米株価も一時史上最高値を更新したことで、投資家のリスク回避姿勢が後退し、比較的安全資産として買われていた金は売られ下落して引けた。一方、白金は下落。金の値動きに連動し終盤小幅安で引けた。

2017年11月6日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向