11月8日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,088円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は下落。この日は外為市場でドル買いユーロ売りが先行し、ドル建て取引の商品の割高感から金は軟調に推移。加えて本日発表された9月の米JOLTS(求人労働移動調査)求人件数が過去最高を記録したことで、米国の追加利上げが改めて意識され金は下落して引けた。ただ、サウジアラビアの政情不安を背景に買われる場面も見られ、下げ幅は限定的となった。一方、白金は下落。金の軟調に連動し売られた他、前日の上昇による利食い売りに押された。

2017年11月8日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向