1月12日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,150円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高、ドル安を受け金は上昇。2017年12月開催のECB理事会議事要旨によれば、18年の早い時期に金融政策を見直す可能性があることを指摘、成長見通しの改善と段階的な修正が必要との意見が示された。これを受け、外為市場でユーロが対ドルで上昇。これを受け金は買われた。ただ、上昇による利益確定の売りに押され上げ幅は限定的となり小幅安で引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に買われた他、米株価大幅上昇に好感し買われた。

2018年1月12日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向