1月17日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,177円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場は上昇。最近の上昇による利益確定の売りをこなしながら堅調に推移。朝方は買い優勢の流れが続いていたことに対する利益確定の売りに押され軟調に推移。その後、米株価が、初の26000ドル台突破となった後にマイナス圏へ値を下げると、外為市場でドルが対ユーロで軟化したため、金は徐々に買い戻され終盤にかけ小幅上昇して引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し4営業日続伸。昨年9月11日以来約4カ月ぶりに1000ドルの大台を回復して引けた。

2018年1月17日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向