1月19日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,161円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は下落。約4か月ぶりの高値水準を維持していたことから、利益確定の売りに押された。加えて総じて強気な米地区連銀景況報告(ベージュブック)などをも売り材料に繋がった。本日発表された主要な米経済指標は、昨年12月の住宅着工件数が記録的寒波の影響で予想を大きく下回った一方、週間新規失業保険申請件数が45年ぶり低水準へと改善するなど強弱まちまちだったためか、相場への影響は与えなかった。一方、白金は下落。金の軟調に連動し売られた。昨日、史上最高値を更新した米株価がこの日は反落したことも売りを誘った。

2018年1月19日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向