1月23日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,185円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場は下落。米株価上昇を受け安全資産としての金の魅力が薄れ軟調に推移。国際通貨基金(IMF)が22日、18年の米経済成長率見通しを大幅に引き上げたことから、外為市場でドルが対ユーロで上昇、これを受け金は軟調に推移。ただ、米連邦政府の予算切れに伴う、上院でのつなぎ予算案の採決を控えて模様眺め気分が強まったことから、終盤にかけ買戻しも見られ下げ幅は限定的となった。一方、白金は下落。最近の上昇による利益確定の売りに押された。米株価上昇には反応を示さなかった。

2018年1月23日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向