1月24日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,178円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は上昇。欧州委員会が発表した1月のユーロ圏消費者信頼感指数が2000年8月以来約17年ぶりの高水準となり、市場予想を大幅に上回ったほか、ドイツのシンクタンクが発表した景気期待指数も予想を上回ったことから、ユーロが対ドルで上昇、これを受けて金は買われた。市場関係者の間では、25日の欧州中央銀行(ECB)理事会が注目されており、同日にユーロ高・ドル安が一段と進展した場合は、金は更に上昇すると見る向きが多い。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われた他、昨日の大幅下落を受けた安値拾いの買いに上昇。

2018年1月24日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向