2月5日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,130円/g

先週末のニューヨーク貴金属市場の金は下落。堅調な米雇用統計を受け金は下落。朝方は堅調に推移。しかし、その後、本日発表された1月の米雇用統計で、非農業部門就業者数の伸びが市場予想を上回ったことで、米国経済の先行きに対する楽観的な見方が強まったため、外為市場でドルが対ユーロで上昇、これを受け金は軟調に推移。終盤にかけ米株価大幅下落を受けた買いに、下げ幅を縮小して引けた。一方、白金は下落。金の下落に連動し売られた。米株価大幅下落も幾分影響されたが金同様に下げ幅は限定的となった。

2018年2月5日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向