2月14日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,036円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は上昇。新規材料のないなか引き続き外為市場でドルが対ユーロで軟調に推移。欧州株のほぼ全面安や、米株価も昼過ぎまで軟調に推移していたことから、投資家のリスク回避姿勢が広がり、比較的安全な資産とされる金は買われた。ただ、その後、米株価が上昇に転じると金も売られ上げ幅を縮小して引けた。一方、白金は上昇。金の値動きに連動し上昇。ただ、商いは薄く小幅高で引けた。

2018年2月14日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向