2月27日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,006円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は上昇。新規材料のないなか、この日は米長期金利の低下に好感し、金に買いが集まった。ただ、NYダウの大幅高を背景に投資家がリスク回避姿勢を弱め、安全資産とされる金を売る動きが広がったためか、徐々に上げ幅を削る格好となった。本日発表された1月の米新築住宅販売件数が昨年8月以来の低調だったが、相場には影響を与えなかった。市場関係者の間では、明日のパウエル新FRB議長による議会証言の内容を見極めたいとの見方から、様子見ムードが強まった。一方、白金は上昇。金の上昇に連動した。ただ、金同様に上げ幅は限定的で小幅高で引けた。

2018年2月27日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向