5月7日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,027円/g

先週末のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高、ドル安を受け金は上昇。この日発表されたまちまちの米経済指標を受け売り買いが交錯するなか、金は買われた。米労働省発表の4月雇用統計は、非農業部門就業者数16万4000人増に加え、平均時給がそれぞれ予想を下回る低調な数字だった一方、失業率は2000年12月以来の3.9%低水準へと改善するなど強弱まちまち。こうした背景から売り買いが交錯して不安定な値動きが続くなか、終盤にかけ外為市場でのユーロ高、ドル安の流れを受け小幅上昇して引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われた他、米株価大幅上昇に好感し買われた。ただ、商いは薄く上げ幅は限定的となった。








2018年5月7日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向