5月16日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,999円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高を受け金は下落。米長期金利、10年物国債利回りが再び3%台へ上昇したことを背景にドルが対ユーロで買われ、金は下落。本日発表された4月米小売売上高が2カ月連続のプラスとなったことや、5月のニューヨーク州製造業景況指数市場を上回ったことでドル買いに拍車がかかり、金は下げ幅を拡大し、昨年末以来およそ4カ月半ぶりに1300ドルの節目を割り込んで引けた。一方、白金は下落。金の下落に連動し売られた他、米株価下落に嫌気した売りに下げ幅を拡大した。





2018年5月16日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向