7月11日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,878円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。米株価上昇を受け金は下落。今週から発表が本格化する米主要企業の業績内容に期待感が広がり、米株価が堅調に推移していることを背景に、投資家のリスク回避姿勢が後退し、安全な資産として買われていた金を売る動きが優勢となり反落。ただ、英国での欧州連合(EU)離脱問題に絡んだ主要閣僚の相次ぐ辞任や、北朝鮮の非核化に向けた米朝交渉の停滞など、複数の地政学的リスクが浮上していることから終盤にかけ買い戻され下げ幅は限定的となった。一方、白金は下落。金の上昇に連動し売られた。しかし、米株価上昇には反応を示さなかった。

2018年7月11日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向