7月12日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,881円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は下落。トランプ米政権は10日、中国から輸入する2000億ドル相当の製品に10%の関税を上乗せする追加制裁の手続きを開始すると発表。中国も報復措置を表明したことで、米中間の「貿易戦争」が本格化するのではないかとの懸念が広がった。この流れを受け外為市場でドルが逃避的役割として買われた。その反動で金に売りが広がった。加えて貿易摩擦により中国経済景気減少懸念による金需要が減少するとの思惑も売られる要因となった。一方、白金は下落。金の値動きに連動した他、米株価減少懸念から軟調に推移した。

2018年7月12日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向