8月7日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,723円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は下落。イタリア政権の積極財政政策が、財政規律の厳格化を求める欧州連合(EU)と対立するとの懸念から、外為市場でドルが対ユーロで強含みで推移、これを受け金は軟調に推移した。加えて米中貿易摩擦の激化に伴い、中国の金需要が落ち込むとの思惑も圧迫した。夏季休暇で休むディーラーも多く、商いは薄く低調。一方、白金は下落。金の軟調に連動し売られた。

2018年8月7日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向