11月22日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,047円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。米国が北朝鮮を支援国家に再指定したことで、安全資産としての金は買われた。この日は、米国市場が23日に感謝祭の祝日で休場となるのを控えて様子見ムードが広がる中、前日に米国が北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことで、投資家のリスク回避姿勢が広がり、安全資産とされる金は買われた。加えて引き続き米上院での税制改革法案に対する先行き不透明感などを背景に反発となった。ただ、米株価が再び史上最高値を更新したことで、上げ幅は限定的となった。一方、白金は上昇。金の上昇に連動した他、米株価上昇に好感し買われた。

2017年11月22日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向