9月7日の金価格・金価格動向

金小売り価格 7,323円/g

 先週末のニューヨーク貴金属市場の金は続落。米労働省が発表した8月の雇用統計によると、失業率は前月から低下し、非農業部門の就業者数は市場予想の範囲内となった。失業率の予想を上回る改善を受けて、雇用回復ペース鈍化への過度の警戒感が後退し、安全資産としての金は売りが先行。米株式市場で最近の株高をけん引してきたハイテク株への利食い売りが進み、損失補填目的の換金売りも出たことで、続落となった。

2020年9月7日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
電話:03-3558-0888
Eメール:gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向