7月21日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,882円/g

昨日(7月20日)、ニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高、ドル安を受け金は買われた。この日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が理事会後の会見で、量的緩和策について、来年以降の方針を「秋に議論する」と表明したことを受け、ドルが対ユーロで軟調となり、5営業日続伸して引けた。ただ、上げ幅は限定的で買い上げる力は弱く小幅高で留まった。一方、白金は上昇。金の上昇に連動した他、安値拾いの買いが追随した。ただ、商いは薄く低調。

2017年7月21日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向