8月18日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,932円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。米早期利上げ観測後退や欧米の株価下落を受け金は買われた。前日の取引終了後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて、追加利上げが先送りされるとの見方が浮上したため、買い安心感が広がった。また、欧米の株価の下落も買いを誘い1290ドルを回復して引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われた。米株価大幅下落には反応を示さなかった。

2017年8月18日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向