11月17日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,063円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。新規材料のないなか前日比ほぼ変わらずの小幅で推移。本日発表された主要な米経済指標が強弱まちまちとなり、相場には大きな影響を与えないなか、米税制改革への先行き不透明感が相場の下支えとなった。米小売り大手ウォルマートなど一部企業決算の良好な内容を受け、米株価が大幅高となったことで投資家がリスク回避姿勢を弱めたため、終盤にかけ金は売られ、上げ幅は限定的となった。一方、白金は上昇。金同様に小動きのなか、米株価大幅上昇に好感し買われた。

2017年11月17日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向