12月8日の金価格・金価格動向

金小売り価格 4,956円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。米経済指標の発表を受け金は軟調に推移した。本日発表された米週間新規失業保険申請件数は季節調整済で前週比2000件減の23万6000件となり市場予想の24万件を下回る良好な内容となり、これを受け金は下落。市場関係者の間では「明日発表の11月米雇用統計も強い内容になるとの見方も多く」さらに相場の一段安を指摘する声も聞こえる。一方、白金は下落。テクニカル要因などにより売られやすくなっている最近の流れを引き継ぐ中、金の下落に連動し売られ、5営業日続落。7月11日以来およそ5か月ぶりに900ドルの節目を割り込んで引けた。

2017年12月8日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向