12月21日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,024円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は上昇。米税制改革法案は20日未明に上院で可決、午後には下院で再可決され、週内にトランプ大統領の署名を経て成立の見通しとなったが、市場では既に織り込み済みから相場には大きな影響を与えなかった。この日は外為市場でドル安、ユーロ高が進行。これを眺めてファンド筋等の買いが入った。ただ、11月の米中古住宅販売件数は市場予想を大きく上回る約11年ぶりの最多記録となったことで、終盤にかけ金は売られ上げ幅を縮小して引けた。一方、白金は上昇。金の値動きに連動した。ただ、金同様に上げ幅は限定的となった。

2017年12月21日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向