1月11日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,142円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高、ドル安を受け金は上昇。中国が米国の購入を減らすか停止する可能性があるとの報道を受け、外為市場でユーロが対ドルで上昇。これを受け金は買われた。加えて、米株価が史上最高値を付けた前日より若干弱含んだことも買いを誘い約4か月ぶりの高値を付けた。しかし、その後、外為市場でドル安が一服すると上げ幅を縮小し小幅高で引けた。一方、白金は上昇。金の上昇に連動し買われ、約4か月ぶりの高値を付けた。外為市場で円が上昇。対ドルで111円の前半に上昇。

2018年1月11日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向