2月6日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,122円/g

昨日のニューヨーク貴金属市場の金は下落。米利上げに対する警戒感から金は小幅安。良好だった1月米雇用統計を受けて今後の利上げペースが加速するとの警戒感が広がり、金を売る動きが広がった前週末の流れを本日も引き継、軟調に推移した。終盤にかけ安値拾いの買いも見受けられ小幅安で引けた。取引終了後にNYダウ平均が一時前日比で1500ドル超の大暴落となり、これを受けてリスク回避的に金が買い戻され上昇に転じた。

2018年2月6日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向