2月19日の金価格・金価格動向

金小売り価格 5,024円/g

先週末のニューヨーク貴金属市場の金は小幅高。3連休を控え様子見ムードが強まるなか小幅上昇。この日は週明けのプレジデンツデーに伴い参加者も少なく狭いレンジ内の取引のなか小動きに推移した。中国の春節(旧正月)を控えHK市場が休場につきアジア市場からのオーダーも少なくポジション調整の買いに反発。ただ、欧州株価や米株価が堅調に推移していることで、投資家のリスク回避姿勢が後退し、比較的安全な資産として買われていた金を売る動きに押され上げ幅は限定的となった。一方、白金は上昇。新規材料のないなか、安値拾いの買いや、欧米の株価堅調に好感した買いで上昇して引けた。

2018年2月19日更新

まずはお気軽にお問い合わせ下さい
03-3558-0888
gold@seiyudo.com

金価格・金価格動向